ママたちのリアルな声

本音!もらって嬉しいプレゼントとは?

赤ちゃんが誕生してお祝いを贈りますが、ママさんにお疲れ様の意味を込めて贈るものですから、相手の方には是非とも喜んでもらいたいものです。
では出産祝いをもらったママたちはどんなものをもらって嬉しかったのか、また困ってしまったものも含めたリアルな声を集めてみました。

もらって嬉しかったプレゼントでまず多かった意見では、洋服のようで、特に1歳から1歳半にかけての70cm~80cmのベビーウエアが喜ばれるようです。
出産の前というのは新生児用はある程度、ご自身でそろえたり自分の親などにも購入してもらったりするので、
少し赤ちゃんが大きくなってからの着る洋服というので喜ばれるようです。

また、お出かけようの服は値段も少し高めなので、自分ではあまり買わなく数を揃えるにも大変です。
こういうお出かけ着を出産祝い頂いていたら、少し大きくなってお外へお出かけできるようになると着れる服があれば嬉しいものですよね。

またベビーウエアのデザインなどは好みがありますから自分ではかわいいと思っても、もらった側の方の好みではなかったらお互いに嫌ですよね。
そういった時には無地は一番で好みなどに左右されない点がいいという意見もあるようです。

お洋服以外でもらって嬉しかったもの

赤ちゃんが遊べるおもちゃで、音がなるおもちゃや音がなる絵本、また赤ちゃんはまだそんなに力がなく握力もないので、布でできた絵本など赤ちゃんには優しいおもちゃが喜ばれるようです。
お出かけように寒い時期に以外と持っていない赤ちゃんようのレッグウォーマーは外出先で寒く感じた時なんかにちょっと履かせることができるし、嵩張らないとこやデザインも豊富にあってちょっと使いたい時に重宝する嬉しいもののようです。

お出かけように一式揃えられたセットの「マザーバッグ」、「オムツポーチ」、「ドリンクホルダー」などはすぐにお出かけする際にスムーズにいけるので、日々のお出かけには重宝するようで持っていないママには喜ばれるプレゼントのようです。
赤ちゃんがすぐに生まれて使うものではないけど、生後半年ぐらいから母乳やミルクから離乳食へと代わってきますが、その時に離乳食セットや離乳食食器のセットをプレゼントでもらってるとすぐに使えるのでうれしいなどの意見もあるようです。
この他の思い出の写真などを綺麗に飾っておく為の写真立てやデジタルフォトフレームなども喜ばれるようです。

頂いたプレゼントで少し困ったというものもあります。
産まれた季節でもらったけれど使えなかったという意見がありますが、春生まれだったために頂いたおくるみを使わずになってしまったとか、贈った側の意見として友達が普段使っていないものを送ってしまって失敗したなどの意見があるようです。

これからプレゼントを買おうと思ってる方へのアドバイスとして、ベビーウエアや肌着を買おうと思ってる方は70cm~80cmもサイズを選び、おもちゃや布絵本、タオルなどは重なってもあればあるだけ重宝するのでよいです。
ブランドの洋服など少し高めで自分では購入しないようなものをプレゼントにする、また使ってもらいたいものは、季節を考えて選ぶようにすれば良いでしょうし、迷っていれば仲の良い友達ですとリクエストを聞いたりして選んでもらうのもよいでしょう。