退職祝いのギフトの選び方

退職祝いのマナー

家族や上司、先輩の退職祝いというのは一生に一度のことですし、きちんと感謝を伝えたいものです。
そこで、相手にとってもらって嬉しいと思えるものをプレゼントしたいものです。

しかし、目上の人へのプレゼントというのはとても気を使いますし、喜ばれるものが何かがわからない人もたくさんいます。
マナーもありますから、マナーと喜ばれる人気の贈り物とをきちんと知った上で選ぶようにしましょう。

まず、退職の理由も人によって異なるので、相手に感謝を伝えたり、メッセージカードを用意したりするときにはネガティブな表現は避けます。
退職の理由がどんな理由であれ、新たな門出を祝うポジティブな表現を用いるようにしましょう。

退職祝いを渡す際の注意点

退職祝いを渡すにあたっては、基本的に退職日の1週間から2週間前に贈るのが良いとされています。
人によって退職後の予定が異なりますし、退職日にもらうと荷物となってしまう事も多いです。

そこで、配慮として早めのうちに準備をして渡しておきましょう。
当日何も渡さないことが気になるという人もいますが、そういった場合については言葉がけや邪魔にならない小さなプレゼントを用意するようにします。

退職祝いで最も注意するべきなのがのしです。
この退職祝いののしは蝶結びの5本か7本、表書きの内容は退職記念品や祝定年御退職といったものは味気ないということで、お礼やお祝いを使用するのが一般的です。
最近では、今までの感謝の気持ちを込めて感謝やありがとうということを書く人も多いです。

退職祝いの相場

退職祝いのプレゼントというのは相手にお返しの心配をさせないような金額にするのが一般的です。
そのため、相手との関係性にもよりますが3000円から10000円ほどの予算で用意することが多いです。

しかし、年齢やお世話になった期間によっても変わってきます。
年齢が高いほど、自分との関わりが高くなるほど金額は高くなっていきます。
部署単位というようにまとまった人数で用意するときも相場をもとに予算を立てるようにしましょう。

退職祝いのプレゼント

退職祝いの贈り物というのは何を贈れば良いか悩む人も多いです。
どうしても退職後の生活で役立つものをと考えると相手の趣味や好きなものを知らなければ選ぶのが難しくなります。

そこで、無難なものとしては大きなフラワーアレンジメントを用意することや、ビールグラスのような酒器とお酒、記念のお菓子といった消費できるものを用意することが多いです。
もちろん、相手の趣味や好きなことを知っている場合にはセカンドライフで役立つアイテムを用意するのも問題ありません。
意外と役立つとして人気なのが自宅や車での移動で役に立つブランケットで、最近では選ばれる事も多くあります。