就職祝いのギフトの選び方

就職祝いとして喜ばれるプレゼント

就職祝いというのは社会に飛び立つ人へのプレゼントであり、お祝いのプレゼントを贈りたい場面の一つです。
しかし、相手との関係性によって贈るべきプレゼントの内容は難しいものでもあります。

そこで、ここでは就職祝いのプレゼントのマナーとオススメアイテムを紹介していきます。
これから渡す予定のある人はぜひ参考にして見てください。

就職祝いの相場

就職祝いとしていくらくらいのものを渡すかというのは、自分と相手との関係によって変わってきます。
兄弟や親族であれば、20000円程度のものが多いですし、友人や知人であれば1000円程度の場合が多いです。

多くの場合には、身内ならば10000円から30000円で関係性によって金額が変動しますし、友人知人の場合にも5000円から10000円の間で収まるようにするのが一般的です。
親族の場合は事前に他の親族と相談をすることができますから、どのくらいの金額のものを用意するのかを事前に相談しておくと安心して渡すことができます。

就職祝いの選び方

基本的には就職祝いに選ぶものはこれからの仕事で役に立つものを贈るのが良いとされています。
そのため、勤める会社によって、選ぶことが無難です。
スーツ通勤の会社ならば名刺入れやネクタイといったものを贈ると喜ばれますし、私服で仕事をする人や制服がある人ならばこれらの贈り物はあまり喜ばれないものとなってしまいます。

長く使えるものであり、持っていて便利な名刺入れや万年筆、高級ボールペンは喜ばれることが多いです。
ネーム入りのブランドもののボールペンは仕事の際に持っていると便利でありながら、なかなか自分で購入しないので人気が高いですし、喜んでもらえることが多いです。

予算がかなりある場合であったり、複数人で用意をするという場合には、ハイブランドなスーツであったり靴、バッグ、時計といったものを贈る人もいます。
ビジネスの中でこういったアイテムは相手に好印象を与えるものであり、一つくらいは高価なものを持っていたいものです。
自分ではなかなか手を出すことができないことも多いので、何人かで贈るというのも有効です。

また、ものではなく現金を包むという人もいます。
その方が本人の使いたいように使えるということで喜ばれることも多いです。
親族の場合には事前に現金を包むので問題ないのか他の人に確認をしておいた方が安心です。

マナーとして贈ってはいけないもの

相手が目上の人の場合には、ペンや万年筆、腕時計は失礼にあたるとされているので注意しましょう。
ペンや腕時計は精進しなさいという意味に捉えられますし、腕時計は時間管理をきちんとするようにという意味に捉えられてしまうためです。

やはり、目上の人には就職祝いという形でプレゼントをするということが、どうしても失礼に捉えられがちです。
そこで、就職祝いというよりはお世話になっているので、というように伝え方を変えて贈るようにする方が無難です。