昇進祝いのギフトの選び方

昇進祝いは何を贈れば喜ばれるのか

上司が昇進するとなれば、やはり喜ばしい事であり何かお祝いをしたいと思うものです。
しかし、目上の人へのプレゼントというのは何を用意すれば良いのかとても難しく悩んでしまうものです。

また、お祝いの時に贈るものですからマナー違反となることは避けたいですし失礼になるようなものを贈る事も避けたいです。
事前にしっかりとリサーチして失礼にならないもの、そして相手に喜んでもらえるものをしっかりと考えることが必要になります。

昇進祝いで気をつけるべきこと

昇進祝いというのはビジネスシーンで周囲の人との関係を良好なものにするためにもきちんとしたものを選びたいものです。
相手にとって失礼なものを贈ってしまうと会社内で自分の立場が悪くなってしまう事もありますし、自分だけでなく同僚にも迷惑をかけてしまう可能性もあります。
そこで、きちんとルールを確認しておきましょう。

まず、お祝い方法は会社の慣例がある事もあります。
派手に祝うことを避ける会社もありますから、そういった慣例を先輩に確認して用意を進めます。

次に、会社のルールや部署の空気によってメンバーでお祝いを用意する事もあります。
そのような時には別途個人的に用意をしてしまうとマナー違反になりますし、周囲に不快な気持ちにさせることがありますから避けましょう。

また、昇進をする人もいればしたくてもできないという人もいるのです。
そこで、部署内の人間関係を考えて、臨機応変にお祝いの盛り上げ方を調整する事もマナーと言えます。

社内だけでなく取引先の人が昇進をした時にも対応をする必要があります。
そのような場合には、間柄によっては声掛けだけにしておく方が良い事もあります。
相手との関係性、今までの慣例に習って用意をするようにしましょう。

昇進祝いにオススメの品物

昇進祝いを用意するにあたっては、多くの場合がオフィスで使える実用的なもの用意することが多いです。
特に上質でシンプルなものの方が無難ですし、好き嫌いなく使ってもらえることが多いのでオススメです。
もちろん、相手の趣味や好きなブランドを知っている場合にはそこの商品にすることで、特に喜んでもらえます。

一般的には昇進祝いと用意する時には花束とプレゼントとを合わせて用意していきます。
そのため、予算としては、花束とプレゼントとの総額で考える必要がありますから、予算を立てる時には先に花束の費用やプレゼントの費用から概算を出してメンバーで割るようにすると費用を集めるのに失敗がありません。

上司や目上の人へのお祝いの際には、筆記用具や靴、ベルトは失礼にあたる贈り物です。
必ずこういったものは避けて用意するようにしましょう。