新築祝いはいつ送ればいいのか

いつ贈るのがいいの?

友人などが新築した場合には新築祝いを贈りますが、贈るのはわかってるけどそのタイミングって迷う方も多いはず。
また、親しい人ではない、親戚や仕事上でお付き合いのある方にも新築祝いを贈るのが今後のことを思えば無難です。

では新築祝いのタイミングはいつかというと、新築のお披露目に招かれた日に持参するのがベストです。
新居にお伺いし、一通りの挨拶がすんだあとにタイミング見てお渡しするようにすれば良いでしょう。
新居に招かれた際は親密な関係の方の相手に直接渡すようにすることですが、家主に招かれた場合には家主へ渡し、配偶者に招かれた場合には配偶者へ渡すのが良いでしょう。
また、新築祝いに大きなものを相手に贈る場合には、新築披露をする前日までに届くようにしておけば、問題ないでしょう。

新築の祝いを届けらない場合とかはどうすればよいいの?

こういった新築披露を行う日程が急に決まったり、相手から希望の品を聞いていながら、相手からなかなか返事がもらえず新築祝いに間に合わなかったという場合があります。
この場合は、当日に菓子折りかちょっとした手土産を持参し、お祝いは改めて贈りますと口添えするようにしましょう。
その場合には新築祝いの品を一ヶ月以内に贈るようにしましょう

新築祝いに招かれていない、行けない場合はどうれば良いの?

新築祝いに招かれていない場合や招かれていてもどうしても当日に伺うことが出来ない場合には、新居へ入居したことがわかったら、すぐにお祝いを贈りましょう。
こういう贈り物は、情報が入れば即行動に移すようにしないと、タイミングを逃してしまうと、日が経つに連れて贈りにくくなるものですので、注意して下さい。
こちらのサイトにも、トラブル回避の方法が詳しく書かれています。
>>新築祝いを贈るタイミング|今まで知りませんでした!!新築祝い・引越祝いのマナー

仮に他人と贈り物が被ったと知っても、取り合えず渡すようにし、後日要望を聞いて交換するという方法もありますので、焦る必要はないです。
こういった新築祝いは早め早めの行動が大切ですので、知人や友人、会社の取引先など問わず先に行動するように心掛けましょう。