相手の希望がわからないときの引越し・新築祝いの選び方

引っ越しや新築祝いのギフトは?

引っ越し祝い・新築祝いのギフト選びは、本当に悩んでしまいます。
相手に希望を聞くのが一番なのでしょうが、贈り物を聞くのは…正直、聞きづらいものです。
そんな新築祝いはどうしたらいいのでしょうか?
しかも購入していたとしても、マンションや中古住宅だと新築祝いになるのか…わからない事ばかりなので、調べてみました。

マンションでも新築なら「新築祝い」

「新築」と言われるのに、マンションは家を建てたわけではない…と昔の人なら言うかもしれません。
でも、マンションを購入した人にお祝いをしないのはなんだし、でも新築祝いなの?
実は、一戸建てだけでなく、マンションでも、新築で購入したなら「新築祝い」になります。
マンションでも建てた、という意味になるのですね。

中古住宅は「引っ越し祝い」

新築でなく、中古の家を買った場合には、どうでしょう?
購入した事には変わりないし、家族にとってみれば、新しいお家、という事になりますものね?
中古住宅を購入して引越した場合は「引越し祝い」になります。
賃貸から賃貸への引越しも「引越し祝い」ではありますが、ちょっと意味合いが変わってくるらしく、「餞別」としてあげる方もいるみたいです。

新築・引越し祝いの相場

新築や引っ越し祝いの相場は
祖父母・両親 1万円〜10万円
兄弟・姉妹 1万円〜5万円
親戚 5千円〜3万円
友人 5千円〜1万円
会社ならば、同僚は5千円〜1万円、目上の方(上司など)1万円
友人・職場関係は5千円~1万円、兄弟・親戚は1~3万円

物入りな時ですから、現金や金券も喜ばれやすいでしょう。
ただ、相手が目上の方であるならば、現金・金券を贈るのは失礼と捉えられるという意見もあり、できれば贈り物が良いようです。
現金でのお渡しは、紅白・蝶結びの熨斗を使用します。

新築・引越しは数度繰り返してしてもいいお祝いであるため、結び切りを使用しません。
その代わりに、蝶結びの熨斗を用意します。
表書きとしては、「祝御新築」や、「御新築(御)祝」などが代表的です。

使いやすいものを贈る

ギフトであれば、観葉植物や花、時計など。
一般的にはタオルやシーツなどの実用的なも多いですよね。
さらに、照明や空気清浄機、掃除機の家電なども家での実用的なものに集中するようです。

何を贈っていいのか分からない場合は、今、カタログギフトがいいのが出ていますので、好きな物を購入してもらう意味で、カタログギフトも人気が出て来ています。
失礼に値するのでは?と思われがちですが、返って自分の好きな物を購入できて、喜ばれる事が多いようです。