喜ばれる手土産

入院時の手土産はとても気を使うもの

入院中というのはストレスフルにもなりやすいですし、感情的にもなりやすいものです。
いくら軽度の病気であっても病院に入院していると仕事ができなかったり、将来のことについて考えてしまったりするためにネガティブになりがちです。
これは入院している本人だけでなく家族にも該当することなので、本人はもちろん家族にもしっかりと配慮をしてお見舞いをすることが重要です。

もちろん、お見舞いに誰かが来てくれるということはとても良い気分転換になることでもあります。
入院中は社会から切り離されたような不安を感じる人も多いので、誰かが来てくれて話をすることは元気を分けてもらえることになることもありますし、モチベーションアップの効果もあるのです。

せっかく足を運ぶならば、喜んでもらえるお見舞いにしたいものです。
そこで、ここではお見舞いのマナーと手土産として喜ばれるものを紹介していきます。

お見舞いのマナー

相手の病状が心配で早く顔を見たいと思っても、相手がどのような心情にいるかはわかりません。
弱っているところを見せたくないとか、怪我の跡が落ち着くまでは人に会いたくないとかということを考える人も多くいます。
そこで、お見舞いについては相手がどう思っているのかを確認した上で行くかどうかを決めましょう。

突然アポなしで訪れるようなことは厳禁ですし、行く際には必ず予定を決めて事前にそれを伝えた上で足を運びます。
長居することは相手の病気に障ることもありますし、家族に迷惑をかけることもあるので手短に済ませることにしましょう。

会話の内容にも気を配る必要があります。
仕事の話をしすぎたり、相手に不快な思いをさせるようなことを話したりするのは避けるべきです。
もちろん家族に対しての配慮もしっかりと行うようにしましょう。

入院時に持って行くと喜ばれる手土産

入院中というのは何かと不自由な生活をしています。
そのため手土産を持参すると喜んでもらえることが多いです。
とはいえ、色々な人がお見舞いに来て様々なものを持って来ていることが予想されるため、あまり他の人とは重ならないものや食べ物のようにすぐに消耗できるものの方が喜ばれます。

お見舞いの定番として喜ばれるフルーツですが、意外と剥いたりお皿を用意したりという作業が面倒です。
そこでオススメなのがゼリーやジュースといった加工品です。
一口ゼリーや高級な無添加ジュースといったものは自分ではなかなか購入しないですし、なおかつ美味しいものが多いので喜ばれます。

女性の場合には使い切りの美容アイテムが人気です。
入院中の病院は乾燥しているのでアロマウォーターやハンドクリームといったものは手軽に使えてなおかつ肌に効果を感じやすいので喜んでもらえます。