移転祝いでのマナー

移転祝いはどうするか

移転をする際は心機一転新たな気持ちで事業を始めるものです。
そのため少しでも気持ちよくスタートが切れる様やはり何か贈り物をすることを検討する人が多くいます。

また、ビジネスの付き合いであれば今後の付き合いをより良いものにするためにも何か贈ることが必要です。
しかし、意外と移転の際の贈り物のマナーは知られておらず多くの人が悩みます。

移転のお祝いの方法

移転をお祝いする際、基本的にはお祝いの方法は弐つです。
まずは贈り物をする方法でこちらは定番とも言えます。
日ごろからお世話になっている相手や親交の深い相手は贈り物をしてお祝いの気持ちを伝えるのが定番です。

それに対して贈り物を贈るのは少し距離遠い、親交が深くないという場合の相手には電報を送ります。
電報であれば相手にも気を遣わせずこちらの気持ちが伝えられるので便利です。

移転祝いの贈り物

移転祝いで贈るものの定番といえば胡蝶蘭のような花や観葉植物が多くみられます。
これらは定番ですし人によっては相手からリクエストをされることも少なくないです。
特にお客さんがお店に訪れるような職種の場合には、お店が開店したことを周囲に知らせるためにもお店の前を華やかにする必要があり花を贈ってほしいと頼まれることもあります。

ただし花は管理が難しいです。
開業してすぐの間はとても忙しく手間のかかる花はきちんと管理できないこともあります。
店頭に枯れた花があると見栄えが悪いのでプリザーブドフラワーを贈るときれいな状態が維持できておすすめです。

プリザーブドフラワーや造花を贈ることに抵抗を感じている人も多くいます。
しかし最近は技術が進化しておりプリザーブドフラワーもほぼ見た目は生花でありきれいな状態が維持できますし、造花も本物と見間違うものが多いです。
できれば念のために事前に実物を確認しておくと安心して送れます。

また、最近ではインテリア雑貨やカタログギフトも人気です。
カタログギフトであれば金額も分かりにくいですし職場に必要なものを選んで購入してもらえます。
移転後は物入りですからある程度関係性があり欲しいものを聞ける間柄であれば具体的な商品を贈ったりほしいといっている商品が掲載されているカタログギフトを贈るのもおすすめです。

相場と時期

移転のお祝いを贈る時期はお披露目パーティーがある場合にはその日に合わせて贈ります。
ある程度移転から時間が経って贈ることになる場合にはお花や観葉植物は失礼なので他のものを贈るようにして手紙を添えると丁寧です。
相場としては先方との関係があるので何とも言えないですが胡蝶蘭であれば2万円から3万円、観葉植物であれば1万円から3万円が相場となっています。