手土産の贈り方と受け取り方

手土産を贈る

誰かの家を訪問する際、手土産が必要です。
訪れるおうちとの関係や間柄によって贈る手土産は違ってきます。

手土産は古くから伝わる風習であり、あいさつのしるしや名刺代わりになるものです。
渡す相手に失礼のないようにきちんとお土産を選んで渡す必要があります。

改まっての訪問の場合

縁談や主食のお世話など、とても改まっての訪問の場合には手土産もやはりそれそうお能ものを用意することが必要です。
道の途中で買って持って行くようなことは失礼にあたります。

きちんと心を込めて事前に相手に喜んでもらうことのできる商品を選ぶことが必要です。
そこで、お菓子であれば老舗の有名なものを用意したり、お酒が好みならば高価なものを用意したりと相手のシュミに合ったものを選びます。
のしにも「御銘菓」「御肴」といったものを表書きとして、下に姓だけでなく名前も書くことが正しいです。

渡し方としては挨拶をした後にご挨拶のしるしに渡します。
渡す際には風呂敷から取り出して亮手で差し伸べお土産を出されたらありがたく頂戴して座敷の高いところに納めるのがマナーです。

親交が目的の手土産

友達と会っておしゃべりを楽しんで過ごすような一般的な集まりの手土産は形を整えたり気取ったりして選ばなくても問題ないです。
手作りのものでも喜んでもらえます。

一般的には相手の好みに合わせて「おいしそうだったので」といって渡せるものを用意することが多いです。
そのため相手の好みの洋菓子やおつまみ、お酒といったものを選びます。
どういったものが喜ばれるかわからなくなった場合には、その場で皆で飲食して楽しめるようなものをイメージするとわかりやすいです。

もしも食べ物が思いつかない場合には花を用意することもあります。
品物が花であればその場でその場で過敏に飾ってもらい楽しめる様なサイズのものが望ましいです。

日ごろからリサーチをしておく

こういった手土産を贈る際には突然そういった機会が訪れるものです。
いざ贈ろうと思っても何を用意すればわからなかったり、思っていたものが手配できなかったりすることもあります。

特にお菓子をはじめとした食べ物は賞味期限がありますからある程度の長さが必要です。
そうすると相手の家族構成によっても渡せるお菓子の種類が変わってきます。

そこで日ごろからある程度手土産として贈りたいお菓子やお酒のリサーチをしていると便利です。
特に最近ではいろいろな人が手土産のおすすめを紹介している本も発行しています。
そういったものを見てご当地のおすすめの食べ物や相手の好みに合ったものなどをピックアップしておき事前に味見もできていると安心して手土産として持って行くことができます。