長寿祝いのプレゼントにまつわるエピソード

長寿のお祝い

長寿のお祝いは60歳の還暦を境にたくさんあります。
0歳「古稀」、77歳「喜寿」、80歳「傘寿」、88歳「米寿」、90歳「卒寿」、99歳「白寿」と続き、これらはすべてきちんとした名前の由来があるものです。

高齢化社会を迎え家族が長生きすることが当然になりつつあります。
そうすると、このようなお祝いをする機会が増える反面年寄り扱いしないでくれと叱られることも少なくないです。
しかし、長寿はおめでたいことでありお祝いしたいことでもありますから可能な限り何かの形でお祝いは考えて日ごろの感謝も伝えることを考えましょう。

長寿のお祝いでおすすめのプラン

長寿のお祝いでは趣味や習い事に関するものを選ぶと喜ばれます。
例えば踊りを習っている場合には舞台で切ることのできるような着物や帯などをプレゼントすると練習の励みにおすすめです。

ものでなくても特別なお祝いの機械を用意するのもアイデアとしてあります。
例えばカラオケが趣味のお父さんお母さんのお祝いならば食事のできる個室でカラオケを楽しんで盛り上がれると好きなことをして楽しめるので喜ばれることが多いです。

特に趣味が思い当たらないという場合でも皆でご飯を楽しむだけでも十分盛り上がります。
その際サプライズにするのも一つのアイデアです。
子供たちと食事ということでレストランに案内をしたら、実はお座敷の中に親戚一同で待っていて驚かすというのも喜ばれます。

最近の高齢者はとても元気

昔に比べ栄養状態も良いですし医療技術も進歩したので今の高齢者は格段に若いです。
そのため70代や80代でも元気に旅行できるという人も多くいます。

そこで、元気なおじいちゃんおばあちゃんの場合にはお祝いで家族旅行をすることもおすすめです。
子供たちが大きくなり孫たちも学校や部活に忙しくなるとどうしても皆揃って出かける機会も減ります。

そこで大きなお祝いの時くらいは皆でそろって楽しい時間が持てるよう、宿泊してのお祝いが盛り上がりますし一生の記念に残るものです。
おじいちゃんおばあちゃんのゆかりの地や行ってみたい場所など何かテーマを決めて旅行先を選ぶのも盛り上がります。

また、最近のおじいちゃんばあちゃんは元気だからこそシニアになってからでも十分趣味を持つこともできるものです。
だからこそ、お祝いのタイミングでスマートフォンをプレゼントしたりカメラをプレゼントしたりしてさらに次のお祝いまで元気に趣味を楽しんでね、という気持ちを込めて贈るのも喜ばれます。
特にスマートフォンは孫ともメッセージのやり取りをすることができるようになるのでより距離感を近づけるきっかけにもなり認知症予防にも脳の活性化にも効果的です。