お中元・お歳暮の金額

贈り物は相手の方の家族構成や人数で変えましょう

毎回お中元やお歳暮を贈る時にいくらぐらいのものを贈ろうかなと迷うことありませんか。
日頃からお世話になっている方ですので、良いものを贈りたいと思うのは誰もが思うことですが、少人数でいつも少し高めのものを贈っているのであれば問題ないでしょうし、相手の方には子供さんが沢山いるところでは、家族そろって楽しめるものを贈ったりすることが大切です。

よくあまり高価なものを贈ってしまうと、相手の方に気を使わせてしまうので、注意が必要です。
また、贈るものに関しては、毎年同じものを送るのことは非常に良いことですので、問題ありません。

贈り物の金額の目安はどれくらい?

贈り物に贈る金額は一般的には3000円~5000円ぐらいが妥当です。
相手によってその家の加増構成や趣味や好みを厳選して贈りたいものですね。
また、目上の人には現金やギフト券などを贈るのはにはあまり好ましくないこととされているので、覚えておきましょう。

具体的に見て行くと知人・友人などの場合ですと3000円ぐらいで、目上の上司や取引先とかには5000円ぐらいが妥当だといわれています。
また、取引先などで親しくしているところは、去年よりも安いものを避けるべきです。
お歳暮を贈る場合には一年の終わりにお世話になった人への感謝の気持ちとこれからのお付き合いを願いう気持ちとして、心をこめて贈りたいと思うものですから、お中元を贈った時よりも、2~3割増しで送るのが一般的のようです。

また目上の人の場合には、5000円以上に設定するのが望ましいとされていますが、必要に高額のものを贈らなくても良いです。
塾やお稽古事などのお世話になった近所の人へ送る場合は、3000円~4000円のものを贈るのが妥当のようです。
これらはあくまで一般的な相場ですので、一番は自分の気持ちが相手に伝わるように、品物だけでなく日頃の感謝の意味を込めtて、お礼を添えて送ることが大事です。