送る相手と相場について

誰に贈るのものか?

暖かくなり、周りに花が咲き始める頃になると、入園や入学と進学に忙しいですが、緊張しながらも新しい場所へと旅立つ子供たちの笑顔が思い浮かびます。
そこで、この入学シーズンで迷ってしまうのが、誰にいくらの金額を包めばよいか、誰に渡すのかということです。

入学のお祝いを渡すというのは、人生の中でもそうそう機会があるわけではないので悩んでしまいますよね。
知っていて以外と知らない入学祝いの範囲と相場について最低限知っておくためにご紹介しますので、役立てて下さい。

入学祝いは身内や親戚に贈るのが一般的です。
一般的に入園祝いや入学祝いを贈るのは、甥っ子や姪っ子までで友人や会社の同僚の子供にまでは贈らなくてもいいのが常識ですので問題はありません。
しかし、普段から家族ぐるみでのお付き合いがある場合には日頃の感謝の意味を込めて親戚ではなくても入学祝いをするこもあります。

入学祝いにはどれぐらい包むのがいいの?

親戚へ入学祝いを渡すのであれば、5千円~1万円程度で、友人、知人への入学祝いは5千円程度が相場です。
しかし、これはあくまでも目安であって個人的に包みたい金額が多くても問題はないでしょう。
また高校・大学への入学祝いの場合は更に+1~2万円を包む人も多くいるようです。

ここで入学祝いという意味を考えてみると、身内の人間同士のお互いの子供の成長を喜び、一緒に祝う為のものであるので、贈る相手に気を遣わない程度での金額良いとされていることを覚えていて下さい。
ですので日頃のお付き合い程度や頂いたお祝いに応じて5千円~1万円の幅で決めれば、問題ないといえます。

入学祝いに現金以外を贈っても良いの?

進学時には何かと物入りですので、現金が喜ばれますが、受け取る側の希望がはっきりしている場合には現金ではなくても品物でも構いません。
この場合は学校で使われるカバンや文房具やなどは、学校指定のものや、既に購入してしまっている場合もあるので、事前に聞いてしまうのが、一番良いでしょう。
もしあまり親しくない間柄の場合は、現金か図書カードを送るほうが無難でしょう。

では、入学祝いを贈る時期はいつ頃がいいのでしょうか?一般的に受験の合格が分かるのが3月の中旬から下旬にかけてですので、入学式があるのは4月ですから、3月の中旬以降に贈っておくのがベターですね。
ですから受験の合格がわかる前に贈るようなことは絶対にしないように注意が必要ですので気をつけましょう。